紫外線対策をしっかりと行うことが首イボ予防につながる

自分には顔や首にぽつぽつとイボのようなものができているけれど、それがない人もいます。特に美容に気を使っている女性や芸能人などは首イボがなかったりします。

逆にアウトドアが好きな人や肉体労働をする男性などには顔や首にぽつぽつと小さなイボ状のものがみられることがあります。首イボの主な原因は加齢によるものだといわれていますが、加齢だからと全員にイボができるわけでもありません。

 

首イボができる原因はメラニン色素にあります


首イボとして有名なのが老人性イボですが、その特徴は、顔や首にできやすいということ。つまり紫外線を浴び、影響を受けやすいところにできるのです。紫外線を受けると、肌の表皮でメラニン色素がつくられます。

メラニン色素は、肌のターンオーバーが整っているときは、一定のリズムで排泄され、肌に残ることはありませんが、加齢に伴い、肌の代謝が悪くなってくるとそれが残ってしまいます。このメラニン色素が残った部分は、紫外線の影響をさらに受けて、光老化という現象を起こし、盛り上がったり、角化することがあります。

だからこそ、紫外線対策をしっかりとおこなうことが首イボ予防となるのです。